VirtualDub

VirtualDub 1.10.4

シンプルな画面で直感的に扱える画像編集ソフト 音声ファイルの入れ替えが便利

VirtualDubは動画の編集が手軽にできる、多機能な動画編集ソフトです。AVI、DIVX、MPEGなどの動画ファイルを編集できます。好きな音楽をBGMとして入れたり、他の動画の音声と入れ替えたりすることができます。また、音声部分のみを音声ファイルとして抽出することも可能です。多機能ですが、画面はシンプルで、操作が直感的に行なえる点が特徴です。映像に合わせて音楽を変え、作成した動画の雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 画面はシンプルで、操作が直感的に行なえる
  • 好きな音楽をBGMとして入れたり、他の動画の音声と入れ替えることができる
  • ツールバーがシンプルで分かりやすい

反対票

  • 画面やメニューは英語表記で、日本語にするには別途日本語パッチをダウンロードする必要がある

良い
7

VirtualDubは動画の編集が手軽にできる、多機能な動画編集ソフトです。AVI、DIVX、MPEGなどの動画ファイルを編集できます。好きな音楽をBGMとして入れたり、他の動画の音声と入れ替えたりすることができます。また、音声部分のみを音声ファイルとして抽出することも可能です。多機能ですが、画面はシンプルで、操作が直感的に行なえる点が特徴です。映像に合わせて音楽を変え、作成した動画の雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。

VirtualDubはPCにインストールする必要がなく、解凍したフォルダー内の「VirtualDub.exe」をダブルクリックして起動します。編集する動画ファイルを画面上にドラッグ&ドロップすることで開くことができます。編集前と編集後の画像が並べて表示されます。画面下部には、タイムライン(時間の流れを表示するバー)と再生・停止・フレーム移動・範囲指定など、シンプルで分かりやすいツールバーが配置されています。範囲指定ボタンで範囲を指定し、不要な部分をカットしたり、一部分だけ抽出することなどが簡単にできます。

VirtualDubは音声の入れ替えにも対応しています。MP3などの音声ファイルを新たに取り込むことができるほか、他の動画ファイルから音声部分のみ取り込むことも可能です。別途、音声ファイルを抽出するという作業を省くことができます。音声ファイルの入れ替えは「Audio」メニューから「Audio from other file」を選び、使用したい音声ファイルを選ぶだけと簡単です。音声と動画のずれを補正するインターリーブ機能も用意されています。

VirtualDubは海外製のソフトウェアのため、画面やメニューは英語表記です。動画の編集に慣れていない人や、英語表記は使いにくいと言う人はWebサイト上で公開されている日本語パッチをダウンロードして画面やメニューを日本語にすると良いでしょう。

VirtualDubはシンプルな見た目で手軽に動画を編集できる、定番の動画編集ソフトです。

VirtualDubは以下の形式に対応しています

入力
動画・音声:AVI/DIVX、MPG/MPEG/MPV/M1V/DAT、ANIM、FILM、AVS、VDR、MP3、WV/W64
画像:GIF、PNG、BMP、TGA、JPG/JPEG、TIFF
出力
動画・音声:AVI 、FILM、BIN、MP3 、WAV
画像:GIF、PNG、BMP、TGA、JPG/JPEG、TIFF

— ビデオ —

VirtualDub

ダウンロード

VirtualDub 1.10.4